株式会社D.Realize(ディーリアライズ) | アロエベラを使った美腸活で健やかな日々を

Brand Concept

艶やかで美しく、
貴女も「腸美人」へ。

  • 腸を元気にして
    女性に笑顔を

  • 美しい素肌は、女性の憧れです。メイクアップや化粧品などで美しい素肌を演出できる現在…しかし、内からの輝きや健やかさまでは演出できません。

    本物の輝きは内から放つため、まずは、美肌に関わる腸内細菌のバランスを知る事が大切です。例えば、美肌に関わる代表的な菌、エクオール産生菌は、日本人女性の2人に1人が持っていないと言われ、若い人ほどエクオール産生菌を持っている人は少なくなってきています。また、腸内フローラもエイジングケアが重要です。毎日のお食事だけでは整える事が難しい腸内フローラを整える事で、美しい素肌へと貴方自身の腸を超インナービューティーへと導きます。

    腸を元気にして、美しい人生を作る「美腸活」を通じて、サロンに、企業に、施設に、医療現場に、家庭に、女性ひとりひとりがダイヤモンドのように輝き、イキイキした人生、イキイキした社会を目指し、たくさんの方が健康に長生きできる豊かな健康社会の実現に貢献します。

  • 腸を制する者は
    美を制する

  • 腸内細菌の集まりを、腸内フローラと呼びます。私たちの腸内には、数100兆個(1~2kg)の細菌が数百種類群をなして棲みつき「腸内フローラ」と呼ばれる生態系を作り、日々勢力争いが行われています。カラダにとって良い働きをする腸内細菌のバランス(割合)を増やし、不健康につながる腸内細菌のバランスを減らすことで、腸内環境の悪化を防ぎます。また腸内を活性化させることで、健康・美容・若返り・ダイエットなど、美に対する絶大の効果を発揮します。

  • 腸の働き

  • 腸内環境を整えるのは美容と健康にとっても重要です。
  • 人気の理由はコレ!

  • 医学博士がバックアップ

    安宅 鈴香(Suzuka Ataka)

    1973年生まれ、2児の母。
    医師、医学博士。大阪市立大学神経内科非常勤講師、認定内科医、神経内科専門医、認知症専門医、日本健美医会監事、日本抗加齢医学会、日本統合医療学会員

    これまでは大学病院にて、認知症の臨床やPET を用いた画像研究を主に行ってきた。大学病院での研究の経験から、認知症を発症する人の脳の中での変化は20年前からすでにはじまっており、若いときの食生活、運動習慣や知的活動、精神性が重要である事を実感。予防の大切さを伝えるために、講演活動も行う。大学病院では認知症専門外来、一般病院では、神経内科、認知症外来だけでなく、漢方、プラセンタ、サプリメント、カウンセリングなどを用いた補完代替医療、栄養療法による更年期障害、アンチエイジング外来、美容外来も行っている。日本健美医会では監事としてアロエ美腸活や美体質改善、美脳活のアドバイザー役。

  • まずは腸内フローラの検査

  • 美しい素肌は、女性の憧れです。メイクアップや化粧品などで美しい素肌を演出できる現在…しかし、内からの輝きや健やかさまでは演出できません。本物の輝きは内から放つため、まずは、美肌に関わる腸内細菌のバランスを知る事が大切です。例えば、美肌に関わる代表的な菌、エクオール産生菌は、日本人女性の2人に1人が持っていないと言われ、若い人ほどエクオール産生菌を持っている人は少なくなってきています。また、腸内フローラもエイジングケアが重要です。毎日のお食事だけでは整える事が難しい腸内フローラを整える事で美しい素肌へと貴方自身の腸を超インナービューティーへと導きます。是非、まずは、腸内フローラ検査からスタートして下さい。

  • 大阪大学医学部
    大学院発ブランド
    エピエ検査キット
  • 今のあなたが腸で見える。

    美腸活プログラムでは、美容に関わる130種類の腸内細菌を調べ、正確な数値を元にクライアント様の腸内フローラバランスを整えるケアを実施し結果へと繋がっています。

  • 生まれつきの体質を知る。

    美体質改善プログラム、美ジョンダイエット、美肌フェイシャルは、美容に関わる6遺伝子を調べ、クライアント様をパーソナルケアすることにより結果へと繋がっています。

  • まずは現状の腸内環境と
    貴女の体質を知る
  • 細胞レベルからの
    エイジングケア

  • アロエベラには特有の成分を含め、200種類に及ぶ有効成分が含まれています。ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酵素類など、私たちの体にとって必要な栄養素や栄養成分として、アロエエモジン、アロエマンナン、アロエウルシンといった成分が含まれ、細胞レベルから元気にすることで、組織、器官、臓器などが元気になっていくというメカニズムで作用します。さらにアロエベラはその活性酸素から身を守るための抗酸化物質を多く含み、体脂肪低減作用なども確認されており、幅広い分野において、その有用性が期待がされています。

    健康で美しくなるには、腸内環境を整えることが一番大切です。セルロースやキシロースといった多糖類も豊富で、腸内で便の水分を適量に保ちながら善玉菌を増殖する働きをします。

  • 腸内環境を整えるのにアロエベラは最適と言えます。
  • アロエベラの歴史

  • 紀元前1550年ごろのエジプトのミイラの棺から「数百年前からアロエベラが使われている」と書かれたパピルスが見つかっています。マケドニアの王、アレキサンダー大王はギリシャの哲学者アリストテレスの助言により兵士の傷の治療や健康維持のために、アロエベラを栽培させていたとか。絶世の美女とも歌われるクレオパトラの美しさの秘密はアロエベラを使っていたからだと言われています。その他、中国、アラビア、ギリシャ、ローマなど世界各地でアロエベラが使われていたエピソードが残されています。日本でもキダチアロエが「医者いらず」と呼ばれ、古くから火傷や切り傷など、民間療法に使われています。また現代では衣料品や化粧品、食品と幅広い分野でアロエベラが使われています。

  • アロエベラのチカラ

  • アロエベラはアフリカ、アラビア、地中海地方が原産地だと言われており、500種類にのぼるアロエの品種の中でも比較的大きなアロエです。アロエベラの”ベラ”はラテン語で「真実の」「本当の」と訳され、アロエベラは「真実のアロエ」という意味になります。アロエベラは日差しが強く、乾燥した厳しい環境をも生き抜く、大変強い生命力を備えており、その生命力の源になっているのが、アロエベラに含まれている多種多様な成分とその働きにあります。アロエベラが生み出すチカラは私たちの県国も有用であると考えられているのです。

  • アロエベラのヒミツ

  • アロエベラが生み出す様々な働きの秘密は、みずみずしいジェルに含まれた多糖体の働きにあります。アロエベラは保水力に優れた植物ですが、その保水力を支えているのも多頭隊です。また、アロエベラの多糖体は、難消化性の食物繊維を含み、腸内の善玉菌の餌となるなど、腸内環境のバランスを整えています。また、一緒に摂取した栄養素や栄養成分の働きを助けることが近年の研究からわかってきました。長い歴史の中で、私たちが経験してきた数多くの有用な働きは、アロエベラ特有の多糖体とその他の多種多様な成分の働きにあることが解明されています。